BIGLOBEモバイルの「通信の最適化」って何?対策も含め説明する!

スマゴリくん

BIGLOBEモバイルを使うと「通信の最適化」が適用されるって聞いたんだけど、本当?

というか通信の最適化って何?

そんな疑問にお答えします!

ネット兄さん

BIGLOBEモバイルをはじめ、多くの格安SIM事業者や大手キャリアで導入されている「通信の最適化」。

なんとなくデメリットがあるっぽい?と理解していても、実際に何がデメリットで、どう対処すればいいのか?まで考えている人は多くありません。

この記事では「そもそも通信の最適化とは何か?」から説明し「BIGLOBEモバイルを使う時にどうすればいいのか?」という点まで解説していきます。

読んでみれば意外と簡単で単純な内容なので、サクッと最後までお目通しくださいませ。

通信の最適化とは何か?

BIGLOBEモバイルの説明だと以下のような感じ。

近年、スマートフォンの普及や大容量コンテンツの増加に伴い、データ通信容量は増加の一途をたどっています。

BIGLOBEモバイルでは、安定した通信品質を保つとともに、お客さまご自身の端末での画像表示速度の向上や通信容量の節約につながるように、通信の最適化を行う場合があります。

最適化とは、スマートフォンの画面に適したサイズに自動的に画像を圧縮・変換することで、変換後のデータは元の画像サイズに復元はできません。

BIGLOBEモバイル:【お知らせ】BIGLOBEモバイルにおける通信の最適化について

通信の最適化とはざっくり言うと、通信容量の節約を目的としてネット上の画像や動画の質を自動的に落とす機能をさします。

ここで問題となるのが、「変換後のデータは元の画像サイズに復元はできません」という部分。

例えば大事な写真をオンラインで友達とシェアした場合、通信の最適化が行われているので低い画質の写真しか保存ができないのです。

通信の最適化は通信事業者によって微妙にルールが異なっていて、解除ができるできない、圧縮されるファイルの種類、圧縮される条件、などが異なってきます。

BIGLOBEモバイルの場合はどうなっている?

冒頭でも紹介した通り、BIGLOBEモバイルでも通信の最適化は行われています。

ただし、以下の場合は最適化が行われないと公表されています。

  • HTTPS通信時の画像やメールの添付ファイル
  • 一部の画像ファイルや動画ファイル
  • ファイルのアップロード

BIGLOBEモバイル:【お知らせ】BIGLOBEモバイルにおける通信の最適化について

ひとつずつ見ていきましょう。

HTTPS通信時の画像やメールの添付ファイル

インターネットに接続する時に「http」と「https」で始まるものがあります。

この「https」の方をHTTPS通信と呼ぶのですが、ざっくり説明するとHTTPS通信はセキュリティがしっかりしている通信です。

セキュリティがしっかりしていて「内容が傍受できない」というのがhttps通信なので、画像の品質も変えられないようになっています。(厳密に言うと違うのですが、ざっくり言うとそんな感じです)

ここ最近ではHTTPS通信を採用しているwebサイトがかなり増えているので、通信の最適化が適用される機会も少なくなっています。

ちなみに格安SIM会社mineoは通信の最適化適用外のHTTPS通信に対して帯域制限をかけたとして、最近燃えていました…。

一部の画像ファイルや動画ファイル

BIGLOBEモバイルのサイト上には詳しい記載もなくちょっとよくわからないですね。

何か特別なことがあった場合に最適化されない例外もありますよ、という程度でしょうか。

そこまで特筆すべき内容でもないのでスルーします。

ファイルのアップロード

通信の最適化はダウンロード(「画像を見る」もダウンロードにあたります)だけなので、自分で画像や動画をアップする時には最適化されません。

BIGLOBEモバイルは通信の最適化が解除できる

BIGLOBEモバイルは希望すれば通信の最適化が解除できます。

iPhone・Android共に端末のAPN設定にて変更可能です。

「APN設定」と聞くと難しそうに感じて画面をソッ閉じする人も多そうですが、ぶっちゃけ書いてある手順通りに操作するだけです。ちょっと頑張ればいけます。

通信の最適化解除方法にて、詳しく手順が書いてあるので、順番に進めていきましょう。

ちなみに「通信の最適化の確認サイト」なるものがあるので、設定が終わったら上記サイトにアクセスすれば本当に設定が完了しているかが確認できます。

エンタメフリーオプションは強制的に最適化される?

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリーオプションという、動画・音楽サービスが使い放題になる素敵なオプションがあります。

このエンタメフリーオプションに加入している場合、上記で説明した「通信の最適化解除設定」をしていても通信の最適化がおこなわれます

公式サイトに記載されている

厳密に言うと「エンタメフリー機能をオンにしている場合」に通信の最適化が適用されます。

つまり、エンタメフリー機能をオフにしている間は通信の最適化が適用されません。

エンタメフリー機能は契約情報ページからオンオフの切り替えが可能です。(切り替え方法はこちら

どうしてもきになる場合は、都度切り替えるようにしましょう。

ただ、実際のところそこまで気にするのもかなり面倒だと思うので、エンタメフリーに加入する場合は気にしない!もしくは画質を落としたくないからエンタメフリーには加入しない!のどちらかになると思います。

まとめ

記事全体をまとめましょう。

  • 通信の最適化とはデータ容量を節約するために勝手に画質が落ちるもの
  • BIGLOBEモバイルでは通信の最適化を解除できる
  • エンタメフリー機能がONだと解除設定してても最適化される

こんな感じになりました。

HTTPS通信のサイトも増えていますし、これからはそこまで気にしなくても良いかもですけどね。

高画質で保存したい写真がある場合や、高画質の動画を楽しみたい場合などは解除設定をしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です